動物病院

人気犬種を迎える

フレンチブルドッグは人気犬種なので、千葉県にも多くのブリーダーがいますが、繁殖が難しいため、専門的な知識を持ったブリーダーを選ぶことが大切です。参考にするため、実際に飼育環境を見学させてもらうと良いでしょう。

犬とカップル

猫の健康を守るために

猫の健康を守るために、キャットフードを選ぶときは成分を良く確認しましょう。主原料が穀類で、ミールや香料、保存料の入っているフードはおすすめできません。カナガンは主原料にチキンを贅沢に使用し、猫に不要な穀類や人工添加物が入っていない、栄養バランスにすぐれたフードです。

犬

クリニックでできること

動物病院は大きく分けると、一次診療を行う施設と二次診療を行う施設の2種類があります。ペットのあらゆる病気を治してあげたいという飼い主の希望を受けて、千葉では24時間救急病院も造られています。また、一次診療施設は幅広い事柄に対応してくれる身近な存在です。

キャットフード

二次診療施設とは

千葉で二次診療を行う動物病院は専門医が従事しており、チーム体制でもって様々な病気の治療に当たっています。高度な医療を受けさせたいときは、一次診療を行うかかりつけ医に相談の上、紹介してもらうのが一般的です。

完全肉食の猫にあげるご飯

家族

猫はたんぱく質が必要

カナガンで作られたキャットフードは、穀物不使用、人工添加物不使用というのが特徴です。さらに猫種やライフステージを選ばないというのは、飼い主の選ぶ手間を省けるため、メリットと言えます。猫は人間と違い完全な肉食動物で、たんぱく質が不足すると健康に影響を及ぼします。ですから、猫は自然に高たんぱくな食物を求めるのです。カナガンではこのことを念頭に、ストレスをあまり感じずに健康に育った平飼チキンを主原料に、高たんぱくになる乾燥チキンもブレンドしました。チキンの割合は7割ほどとなっており、他にはサツマイモやニンジン、海草などの原料がブレンドされています。さらにマグネシウムの調整も行われ、尿石症を予防するクランベリーも配合してます。そして猫は人間ほど味覚が発達していませんが、腐ったものなどを食さないために発達しているのが、酸味と苦味の感覚です。キャットフードを選り好みする猫は多いですが、もしかしたら与えているキャットフードのたんぱく質が豊富でなかったり酸化していたりするのかもしれません。カナガンのキャットフードは、人工保存料の代わりにハーブやビタミンEで酸化や腐敗防止しています。人よりも小さな体に安全性の不安が残る人工保存料などを与えたくない、という飼い主も、カナガンの製品は安心です。なお、大袋で購入すると何度も開封して空気に多く触れてしまうため、ジッパー付きビニール袋に小分け保存しておくと良いです。

Copyright© 2017 カナガンのキャットフードで猫の健康を維持しよう! All Rights Reserved.